我々の日常行動は様々な決まり事の制約を受けていますが、憲法の下で強制力を持つ法律は他の決まり事と区別されます。
憲法の下で強制力を持ち、他の決まり事と区別されるべき法律
憲法の下で強制力を持ち、他の決まり事と区別されるべき法律

憲法の下で強制力を持ち、他の決まり事と区別されるべき法律

我々は様々な決まり事の中で仕事をし、日常生活を送っています。それは我々の行動を大なり小なり規制するもので、モラルや常識或いは習慣や社会通念などとして社会に根付いているものから倫理観や道徳意識或いは宗教感等、崇高な気持ちで対処すべきものの他に法律や規則等、公的機関の決めた強制力のあるものなどが入り混じった状態ということができると思います。この中で、法律とは一般的に憲法の下で社会秩序を維持するために国会の議決を経て制定される成文法で、社会規範の範疇に含まれるとはいえ、国民に対して強制力を持っている点で他の決まり事とは区別されています。

従って、法律は一定の行為を命令し、禁止したり、あるいは権限を授けることができるので、違反した場合には強制的な制裁措置として刑罰や損害賠償などを課すことができる存在だと思います。わが国では三権分立の立場から行政機関の発する政令や省令あるいは、最高裁の規則や地方自治体の条例より上位に位置しています。憲法との関係では法律が憲法に適合しているか、否かを裁判所が審査できる仕組みになっています。

ピックアップ